康晴農楽園にっき

            
 
     
 
 
 

美味しさの秘密

康晴農楽園の野菜を食べて「野菜その物の味がして美味しい。苦味やエグミ、灰汁が少ない」とご感想を頂きます。

その美味しさの秘密は無肥料にあります。

康晴農楽園の栽培方法は無農薬、不耕起草生栽培です。

農薬は、散布することで害虫と呼ばれる虫を殺すばかりか害虫を食べる益虫の体内に農薬を蓄積させ殺し、さらに土壌に降り注いだ薬は最も小さな微生物を大量に死に追い込みます。
無農薬は、生物、微生物を守るためです。

不耕起は、土の中にいる小動物(ミミズなど)や微生物の環境を壊さず守るためです。

草生栽培の草を生やすことは、土の上にある地上部の草が生きること呼吸することにより周りの環境の湿度や風による温度変化を緩やかなものにしてくれます。
地下の根の周りではサラサラな土を団粒構造にして水はけと水切れが良い栽培に適した環境を保ってくれます。
そして草の周り地上部でも地下部でも多くの生物たちの宿となる環境を作り出しています。

生命は、誕生から死まで食し排泄し続けます。
排泄物と死んだあとの屍は植物や生物、微生物の食べ物となります。
このうち微生物は植物の必要とする栄養吸収を手助け、さらに病原菌と戦ってくれたり植物生長のサポートをしてくれます。

無農薬不耕起草生栽培は、畑の生物バランスを壊さず命豊かな生物、微生物が多い畑にします。
微生物が多いことにより無肥料でも野菜を栽培することができます。
栄養分が少ない土のため野菜たちは栄養素を求め深く広く根を生やすことにより生命力豊かな力強い健康な野菜に育ちます。

近年、肥料(窒素肥料)の悪影響として過剰に施された窒素肥料により作られた青々とした野菜が人の体内に悪影響を与えると、一部の医師、研究者から言われています。

この肥料が野菜の灰汁、苦味につながっているかと思います。

当農園は7年間遊休地であった畑を借り窒素肥料が抜けた土で栽培しているので、窒素の少ない元気で健康な野菜を不耕起草生栽培で栽培しています。
体の細胞にその美味しさを感じ取ってみてください。

余談になりますが、窒素肥料については人間の体だけではなく水が飲料に適さない、温暖化、オゾン層の破壊と言った環境破壊をまねいています。
己の健康を考えると地球環境につながるようです。
これについては改めて書きます。     







こだわり |  コメント:0  |  トラックバック(-) ▲ TOP

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
※パスワードは任意の半角英数字(4〜8文字)を入力して頂くと、入力表示後再編集したい場合、パスワードを入力することによって編集できるようになります。

画像の文字を半角数字で下記ボックスに記入ください。
文字が読みにくい場合はブラウザの更新をすると新しい文字列が表示されます。
    野菜の生育写真はこちら
      Fa&Twやってます
   大仁まごころ市場
  山の中のはちみつ屋さん
  ピザバス
   うつわ屋kiki
  トゥッティカフェ         オーガニック&ベジタリアンカフェ
  ごはん食堂 桐家
   焼き菓子 tent
   表参道市場 伝        東京青山こだわりの八百屋さん
   ことり工芸舎             民芸品 器のお店
 青森の老舗自然食品のお店    あの奇跡のリンゴが買える
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -