康晴農楽園にっき

            
 
     
 
 
 

明日葉のチヂミ

明日葉について

明日葉は数少ない日本原産の野菜の一つです。生命力の強い植物で、今日、葉を摘んでも明日には新しい葉が出ているという事からこの名前がつけられたほどです。茎を折ると出てくる黄色い汁はフラボノイド(ポリフェノール)で、毛細血管を丈夫にし、動脈硬化などの生活習慣病を予防する効果があります。

☆おすすめレシピ☆

明日葉のチヂミ




【材料(2枚分)】
明日葉 80g 
ねぎ  40g
小麦粉 50g
米粉  30g
水   160ml
砂糖 小さじ1/2
かつおぶし 2袋(4g)
とろけるチーズ 60g
ごま油 適量

ポン酢、コチュジャン 好みで


【作り方】
明日葉は塩を入れた熱湯で茹でて水にさらしてアクを抜く。水気をしぼって細かく刻む。
ねぎはせん切りにする。
ボウルに小麦粉、米粉、砂糖、水を入れて、よく混ぜる。
に明日葉、ねぎ、かつお節を入れて、よく混ぜる。
ごま油を多めにひいたフライパンを熱し、生地の半分を流し入れて薄く広げる。上にチーズを散らす。
蓋をして焼き色に注意しながら中〜弱火で片面を焼く。裏返したら今度は蓋をせずにチーズがカリッとなるまで弱火で焼く。

【ポイント】
*チーズを加えることで、明日葉の苦味が和らぎます。
*シンプルな味で、カルシウムやビタミン、炭水化物もとれるので成長期の子どもや妊婦さんのおやつにぴったりです。

[管理栄養士 赤石記子]



料理 |  コメント:0  |  トラックバック(-) ▲ TOP

菜の花と人参の春色巻き

菜花について

つぼみと花茎、若葉からなる春の訪れを告げる野菜の一つです。ビタミンCの含有量は野菜の中でもトップクラス。白血球の働きを強めて免疫力を高めます。コラーゲンの生成を促進するので美肌効果もあります。鉄の吸収力もアップさせるので、妊娠・授乳中の女性には特におすすめです。

人参について
 人参の特徴でもあるオレンジ色。この色の正体はβ―カロテンで、体内でビタミンAに変わります。カロテンは免疫力を高めて皮膚や粘膜を強くし、ガンや動脈硬化などを予防する効果があると言われています。色素は茹でたり、炒めたり、お酢に漬けたりしても色が悪くならないので、調理の彩りに便利です。

☆おすすめレシピ☆


菜の花と人参の春色巻き




【材料(4人分)】
豚肉(しゃぶしゃぶ用) 300g 
菜の花 140g
人参 90g
塩・こしょう 少々
<A>
 はちみつ 大さじ1.5
 トマトケチャップ 大さじ2
しょうゆ 大さじ3
 バルサミコ酢 大さじ2
 レモン汁 大さじ1


 
【作り方】
人参は6-7cm長さのスティック状に切り、軟らかくなるまで茹でる。菜の花も軟らかくなるまで茹でて、人参と同じ長さに切る。
豚肉2枚を重ねて広げる。この時、1枚目を広げたら2枚目は180℃回転させて重ねると、厚みや形が綺麗に整います。塩こしょうを振って、人参と菜の花をのせクルクルと巻く。
熱したフライパンに肉巻きの巻き終わりを下にして並べる。肉に火が通るまで転がしながら焼く。
一旦、皿に肉巻きを取り出し、フライパンの油を拭き取る。合わせた<A>を入れて、煮立ったら、肉巻きを戻し、転がしながら、煮詰めて調味料を絡める。
半分に切って、皿に盛り付ける。

【ポイント】
*スティック状の人参は離乳食の手づかみ食べにちょうど良いサイズなので、取り分けできます。
*はちみつを入れるとコクとつやが出ます。
*人参のカロテンは表皮の下に多く含まれているので、できるだけ皮をむかずに使いましょう。油と一緒に摂ると吸収率がアップします。

[管理栄養士 赤石記子]
料理 |  コメント:0  |  トラックバック(-) ▲ TOP

しょうが味噌の洋風おでん

しょうがについて

しょうがには様々な効用があるといわれています。辛味成分は血行を促進して体を温め、新陳代謝を活発にし、発汗作用を高める働きがあります。また、香り成分は、食欲増進の働きを持ち、疲労回復・夏バテ解消に役立ち、健胃・解毒・消炎作用があります。一年を通して体には良い食材の一つです。


☆おすすめレシピ☆


しょうが味噌


【材料】
味噌 40g
しょうが 10g
みりん 大さじ1
酒 大さじ1
酢 大さじ1/2

【作り方】
‐鍋に味噌、みりん、酒を入れて、火にかけながら焦げないように練る。
火を消して、すりおろしたショウガを酢を加え、混ぜる。

しょうが味噌の洋風おでん

【材料】
大根 300g
ニンジン 200g
茎ブロッコリー 

コンソメ 1個
しょうが味噌

【作り方】
〔邵擇和腓めの乱切りにする。
大根とにんじんを鍋に入れかぶる位の水を入れて、コンソメ1個と共に軟らかくなるまで煮る。
最後にブロッコリーを入れ、軟らかくなるまで煮る。
ぬ邵擇魎錣棒垢蝓△靴腓Δ味噌を添える。

他に、焼きおにぎりにして、しょうが味噌を塗っても美味しいです。

【ポイント】
*洋風おでんは離乳食への取り分けができます。
*春先の少しえぐ味やあくの強い野菜もお味噌と合わせると食べやすくなります。


[管理栄養士 赤石記子]

料理 |  コメント:0  |  トラックバック(-) ▲ TOP

わさび菜と茹で鶏のポン酢和え

わさび菜について

わさびに似た辛味と風味があり、肉料理との相性が良いです。前に紹介したからし菜の変異種です。栄養素はビタミンB2、カロテン、ビタミンC、カルシウム、鉄が豊富に含まれています。特にビタミンB2は、脂質からエネルギーを取り出すのに必要な栄養素なので、肉類と一緒に食べても脂質を効率的にエネルギーに変えてくれます


☆おすすめレシピ☆

わさび菜と茹で鶏のポン酢和え


【材料(4人分)】
鶏肉 200g 
酒 小さじ2
 塩・こしょう 少々
しょうがの皮 適量
ねぎの青い部分又は芯の部分 適量
わさび菜 100g
ねぎ(白い部分) 1本
ポン酢 大さじ2
ごま油 大さじ2
赤唐辛子 1本
クコの実 小さじ2
(好みでザーサイ 50g)

【作り方】
鶏肉に酒、塩、こしょうをすり込み、鍋にしょうがの皮、ねぎの青い部分又は白髪ねぎで残った芯の部分とかぶる位の水を入れてゆで、冷めてから肉をさく。
わさび菜は根を切り、3-4cm長さに切り、ねぎは白髪ねぎにして水にさらす。
わさび菜と鶏肉をポン酢であえて、味がなじんだら器に盛り、白髪ねぎをのせる。
小鍋にごま油と赤唐辛子を火にかけ、香りが立ったらにかけ、水戻ししたクコの実を飾る。
好みでせん切りにしたザーサイを入れて和えると、一味変わります。

【ポイント】
*サラダにすればわさび菜に含まれる熱で壊れやすいビタミン類も無駄なく摂取することができます。
*鶏肉を茹でた後のスープでもう一品料理ができます。
*鶏肉は脂身の多いもも肉を使えばボリュームが出ます。ささ身を使えばほぐして離乳食にも使えます。

[管理栄養士 赤石記子]

料理 |  コメント:0  |  トラックバック(-) ▲ TOP

里芋のとも和え

里芋について

里芋の主な成分はデンプンですが、他にもカリウムと食物繊維が豊富に含まれています。カリウムは食事で摂った余分な塩分(ナトリウム)を排泄する働きもあるので、高血圧予防に効果的です。また、特有の“ぬめり”の正体は水溶性食物繊維のムチンとガラクタン。ムチンは粘膜を強化する働きがあるので、胃腸を保護して消化吸収を助けます。ガラクタンは脳細胞を活性化させ、免疫力を高める効果があります。軟らかく茹でれば、離乳食にも利用できます。


☆おすすめレシピ☆



里芋のとも和え


【材料(4人分)】
里芋 150g
炒りごま 小さじ2
砂糖 大さじ1/2
味噌 10g
湯又はだし汁 適宜
塩 適宜





【作り方】
[ぐ鬚鯣蕕弔のまま、軟らかくなるまで茹でる。
△垢衄でゴマをすり、砂糖と味噌を加えてさらに摺る。
,領ぐ鬚糧蕕鬚爐、1/3量は△鵬辰┐討垢襦O造┛瓩鯆良い硬さに湯でのばす。
せ弔蠅領ぐ鬚録べやすい大きさに切って、と和える。

【ポイント】
*里芋は皮をむいて茹でてしまうと、水溶性のビタミンやムチン、ガラクタンが流れたり、壊れてしまいます。皮ごと茹でれば、栄養を中に閉じ込めることができます。
*ごまは粒で食べるよりもよく摺ることで、抗酸化成分のゴマリグナンも吸収されやすくなります。
*?で軟らかく茹でた物をすりつぶして湯でのばしたり、細かく切れば離乳食への取り分けができます。
*ごまや味噌は少量であれば9−11カ月頃には使い始められる食材なので、味を薄めれば離乳食にもなります。

[管理栄養士 赤石記子]
料理 |  コメント:0  |  トラックバック(-) ▲ TOP
    野菜の生育写真はこちら
      Fa&Twやってます
   大仁まごころ市場
  山の中のはちみつ屋さん
  ピザバス
   うつわ屋kiki
  トゥッティカフェ         オーガニック&ベジタリアンカフェ
  ごはん食堂 桐家
   焼き菓子 tent
   表参道市場 伝        東京青山こだわりの八百屋さん
   ことり工芸舎             民芸品 器のお店
 青森の老舗自然食品のお店    あの奇跡のリンゴが買える
03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -